よく株で破産した、借金を抱えたということを目にするでしょう。これは自身の資産に対する理解が足りないばかりに起こってしまいます。

楽しく話している男性たち
更新履歴
話している男性

株は大きなお金を失うギャンブルのようなものだと考えている人も少なくありませんが、自己資金の範囲内で信用取引を使わないのであれば投じたお金を失う以外に損をするということはありません。
株をする場合に一番最悪な結果というのは、投資をした会社が倒産などをしてしまって株価が0になってしまうことであり、その場合投資したお金をすべて失ってしまうことになります。
逆に言えば投資したお金以上の金額うしなうことがありませんから、100万円投資をしたなら最大の損失は100万円であり、10万円であれば10万円の損失で済むということになります。
そのため、これから株に投資をしてみようと思っている人は損をしても、それほど影響の大きくない少額から始めて見ると良いでしょう。

現在では10万円以下で購入をすることができる、銘柄というのは数多くありますからそのような銘柄に投資をして万が一倒産をしても10万円の損失で済みます。
そして、現実的には銘柄をよく選んで投資をすればいきなり倒産をしてしまうという可能性は、ごく僅かなものですから損を出しても2-3万円程度で済むということになります。
損失が出たとしても売ってしまわなければいいだけの話です。
株価が戻ってくるのを待ったり、株主優待や配当のある銘柄に投資をしてそれらのものを受け取りながら長期投資をするという構えでいれば、大きく損をするということはありません。
少額で投資をしていれば、大きな利益を手にすることは難しい物の損失も小さく抑えることができますから、損のない投資をすることができます。
ある程度投資に慣れてくれば、そこから少しずつ金額を増やしていって資産運用をしてみると良いでしょう。

記事一覧
グラフ

株価の変動に目を向けて取引をするためのポイントは、チャートという株価の変動を記録するツールをしっかり...

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索